Home

pan_list.gif

概要

 

概要

ご挨拶
ゲノムネットワークプロジェクトは転写制御を中心とした生体内のネットワークを網羅的に探査し、その全容を明らかにすることを目的としています。
このため中核機関の一つである理化学研究所を初め、その他の主要な研究機関は、ヒトゲノム上におけるヒト遺伝子の転写開始点の情報、転写因子とヒトゲノム上の制御領域への結合に関する情報、転写因子を中心としたタンパク質間相互作用に関する情報などを実験的に産出しますが、情報システムとしてこれらのデータを利用可能な形に整合化して情報プラットフォームを構築すると共に、統合的なデータベースを作成してプロジェクト内の構成メンバーはもちろんのこと、一般の方々に広く利用してもらえることを目的としております。
お蔭様で各機関のご努力によりこのホームページからこのようなデータをコンソーシアム内開示、そして一般公開することが出来る様になりましたことを大変嬉しく思っております。このような情報は今後ゲノムレベルと疾患や創薬などを対象とした応用研究はもちろんのこと、生命現象の高次機能をゲノムレベルで理解する本質的な問題に非常に大きな手がかりを与えるものと確信しております。
更にこのプロジェクトの進展と共に私どもが構築したプラットフォームや統合データベースが格段と進歩するよう努力すると共にそれらを用いたデータ解析やアルゴリズムの開発を更に促進し、重要な知的発見へ結びつけて行きたいと思っております。
皆様各位には今後ともご支援、ご協力をお願い申し上げます。
Dr_gojobori.gif

ヒトゲノムネットワークプラットフォームの構築
ゲノムネットワークプロジェクト参加研究機関より得られたデータに既存のゲノム情報を有機的に統合させることにより、個別生命機能の解析の為の有用なデータの提供を可能にする環境の構築を目指します。
また、個別生命機能の解析の研究から得られたデータのフィードバックを行い、より広範な情報を集積することで今後の学術、産業界に広く貢献できるデータの提供を行って行きます。
ゲノムネットワークプロジェクトの全研究課題はこちらをご覧下さい。


コンソーシアムの仕組み
img_concept.png

○ゲノム機能情報の解析:
ヒトゲノムの発現調節領域の解析、遺伝子発現にかかわる生体分子(タンパク質など)間の相互作用の解明といったゲノム機能の網羅的な解析をすることで今後の個別生命機能の解析を行うための有用なデータをヒトゲノムネットワークプラットフォームへ提供します。
○個別生命機能の解析:
個別の疾患、生命現象、医薬創薬などそれぞれテーマを絞った研究を行います。
将来の新しい治療法や創薬また生命機能の解明を目指しています。
○横軸研究機関:
横軸研究機関とは大きく分けて2つの部分から成り立っています。一つはもちろん、このヒトゲノムネットワークプラットフォームであり、もう一つはゲノム機能情報の解析を行う機関です。
理化学研究所・ゲノム科学総合研究センター/林崎先生、株式会社日立製作所・ライフサイエンス推進事業部/岩柳先生、東京工業大学・バイオ研究基盤支援総合センター/白髭先生、慶應義塾大学・理工学部生命情報学科/柳川先生からは解析データがプラットフォームへ送られてきます。
さらに東京大学・分子細胞生物学研究所/秋山先生、東京大学・大学院新領域創成科学研究科/菅野先生からはレトロウィルスやクローンの整備が行われ、その情報もプラットフォームをから更に多くの研究者に伝えられます。

これらのデータを集約し、さらに既存の公共データを統合したデータベースを構築し公開するヒトゲノムネットワークプラットフォームまでを横軸研究機関と称しております。
○縦軸研究機関:
それぞれの研究機関がそれぞれの個別生命機能の解析にターゲットを絞って研究を進めています。
横軸研究機関より産出され送られて来たデータをヒトゲノムネットワークプラットフォームで既存のデータと統合を行ったものを、縦軸研究機関が利用します。そしてそこで得られたデータをまたプラットフォームにフィードバックしてより有用なデータの構築をはかります。

また縦軸研究機関の中には次世代ゲノム解析技術を視野にいれた技術開発を行っている研究グループもあります。
新しい観点からの解析基盤技術の開発を目指しております。
○外部参加研究機関:
現在、選考を行っております外部招聘機関に関しては公募研究機関とは違い、自己資金で研究に参加する研究機関です。多くの研究機関への門戸開き、より多くの成果を上げる目的があります。