文部科学省 革新的細胞解析研究プログラム(セルイノベーション)
文字サイズ フォントサイズ 小 フォントサイズ 中 フォントサイズ 大 English
イベント情報

'12 01/31 平成23年度 セルイノベーション公開セミナー
次世代シーケンサーとイメージング技術がもたらす生命科学研究の新展開』が
開催されました。

会期 2012年1月31日(火) (13:00〜17:55)
会場 TEPIAホール(機械産業記念事業財団)
主催 文部科学省革新的細胞解析研究プログラム(セルイノベーション)
main
他の画像を見る

平成21年度より文部科学省が実施している「革新的細胞解析研究プログラム」(セルイノベーション)は、次世代シーケンサーにより得られる多様なゲノム関連情報や高精度の細胞イメージングデータに基づいた細胞・生命プログラムの理解、併せて次世代シーケンスデータ取得に関する最先端の技術開発を目指しています。
プログラム3年目を迎えた今年度の公開セミナーでは、次世代シーケンス技術やイメージング技術を有効に活用して生命現象を理解する取り組みについて、本プログラムにおける先導研究の成果を中心に講演を行います。

プログラム

アブストラクトを見るPDF別ウィンドウが開きます

13:00〜13:05 成田 博 開会挨拶
成田 博(文部科学省 ライフサイエンス課)
13:05〜13:15 榊 佳之 文部科学省セルイノベーション概要説明
榊 佳之(プログラムディレクター)
動画を見る
13:15〜13:45 伊藤 隆司 エピゲノムを探る:次世代シーケンサーによる高感度メチローム解析
伊藤 隆司 (東京大学)
動画を見る
13:45〜14:15 大杉 美穂 初期発生における雄性染色体リモデリングの革新的解析に向けた無細胞再構築系の開発
大杉 美穂(東京大学)
動画を見る
14:15〜14:45 相賀裕美子 生殖細胞の性分化におけるRNA制御
相賀裕美子(国立遺伝学研究所)
動画を見る
14:45〜15:15 上田 泰己 次世代シーケンサーを用いた発生の動作原理の理解と制御
上田 泰己(理化学研究所)
動画を見る
   
( Coffee Break )

15:45〜16:15 三好 浩之 蛍光プローブによる細胞周期解析
三好 浩之(理化学研究所)
動画を見る
16:15〜16:45 松田 道行 簡便な作成と安定発現が可能となったFRETバイオセンサーは何をもたらすか?
松田 道行(京都大学)
動画を見る
16:45〜17:15 井上 聡 次世代シーケンサーを活用した前立腺がんにおけるホルモン応答機構の探索と新しい診断・治療標的の同定
井上 聡(東京大学)
17:15〜17:45 服部 正平 ヒトマイクロバイオーム - 超有機体としてのヒト -
服部 正平(東京大学)
動画を見る
17:45〜17:55 山本 雅 閉会挨拶
山本 雅(プログラムオフィサー)
動画を見る



アクロバットリーダー PDF形式のファイルをご覧いただく場合は、「Adobe Acrobat Reader別ウィンドウが開きます」が必要です。
【記号の見方】別ウィンドウが開きますというマークがついているリンクは、リンク先が別ウィンドウで表示されます。