文部科学省 革新的細胞解析研究プログラム(セルイノベーション)
文字サイズ フォントサイズ 小 フォントサイズ 中 フォントサイズ 大 English
ご挨拶
english

プログラムディレクター挨拶

榊 佳之 セルイノベーション プログラムディレクター
榊 佳之

豊橋技術科学大学 学長/理化学研究所 特任顧問
 

2003年のヒトゲノム解読以降、いわゆるポストヒトゲノム研究として、ゲノムの多様性を活用した疾患感受性遺伝子の探索研究と、複雑な生命現象の根底にあるゲノム情報プログラムの解明をめざす研究が大きく進展しています。わが国では後者の研究の推進を図るために「ゲノムネットワークプロジェクト(GNP)」を立ち上げ、ゲノム情報が機能情報に転換する第一段階の「転写」に焦点を当て、さまざまな転写制御因子が多数の遺伝子の発現を調和的に制御する転写制御の分子ネットワークの基本骨格を明らかにしてきました。
「セルイノベーション」はこのGNPの成果を発展させるものです。すなわち、GNPで解明した基盤的転写制御ネットワークをより高次のレベルで制御し、細胞の分化や増殖を司る細胞内システムを、超高速の次世代シーケンサーや高感度イメージング技術など最先端のゲノム関連技術を駆使して解明しようとするものです。具体的にはシーケンシングやイメージング技術などを先鋭化し、初期発生・分化や細胞がん化などに関する最先端の研究を事例として、1細胞レベルで細胞の個性や動態を解明できる技術基盤や方法論を確立し、わが国の生命科学の発展に資することをめざしています。

プログラムディレクターとしてセルイノベーションの円滑な実施を図り、プログラムオフィサー、代表研究者と協力して本 プログラムの目的を達成できるよう取り組んでまいります。


プログラムオフィサー挨拶

山本 雅 セルイノベーション プログラムオフィサー(シーケンス拠点、データ解析拠点担当)
山本 雅
沖縄科学技術大学院大学 教授
 

DNAシーケンシングは、1970年代後半のMaxium-Gilbert法にはじまり、その後すぐSanger法に取って代わられ今日まで続いています。しかし、ゲノム科学の進展は大容量のDNA配列解析を要求し、また同時に、それを可能にする技術・方法を開発してきました。次世代シーケンス(next-generation sequencing: NGS)のための基盤が2005年に打ち立てられ、ハイスループットのゲノム解析が可能になり、ギガベースの情報が容易に得られるようになっています。次世代シーケンスにより、遺伝子発現制御、クロマチン制御、トランスクリプトーム解析が各段に加速され、生命科学の理解が飛躍的に進むことが期待されています。

このセルイノベーションは、細胞増殖・分化や、がんや発生といった生命現象の研究を第一線で進めている研究者に次世代シーケンサーを活用するしくみを提供するものであり、同時にまた、細胞や個体レベルの研究に必要な次世代シーケンサー技術の開発をめざすものです。言い換えれば、次世代シーケンサーを活用して生命を理解し、また高度なイメージング技術などを活用して新たなシーケンス技術の開発をめざすものです。そのために、このプログラムで先導研究と位置づけられている生命科学研究者と、高度な次世代シーケンス技術を提供するシーケンス拠点が緊密な関係にあ ることは重要です。一方でまた、シーケンス拠点から産出される膨大な生情報を適切なフィルターを通して意味のある情報にする技術の革新もこのプログラムの重要なミッションとなっているものです。この最後のステップ、つまりデータ解析は重要度が高いにもかかわらず十分に発展していない領域であり、本プログラムの進展の中で新たな解析のプラットフォームが形成されることが期待されます。プログラムオフィサーの一人として、シーケンス拠点およびデータ解析拠点が先導研究とリンクして大きな成果をあげることに貢献できれば幸いです。



菅野純夫 セルイノベーション プログラムオフィサー(先導研究担当)
菅野純夫
東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授
 

プログラムオフィサーとして、先導研究をお世話させていただくことになりました。

セルイノベーションは、次世代シーケンサーを中心とした新技術を細胞生物学に応用し、先端的な細胞生物学を構築していこうという野心的な研究プログラムです。次世代シーケンサーと細胞生物学とは、もとより別々のもので、簡単に組み合わせて新しい細胞生物学をつくり出すということができるわけではありません。ここに、このプログラムの難しさと、面白さがあります。

この困難かつ面白い使命を具体的に担うのが先導研究です。先導研究は、具体的な細胞生物学的現象の分子レベルでの解明をおもにめざす研究(課題A)と、次世代シーケンサーを用いた細胞生物学に応用可能な新技術の開発をめざす研究(課題B)に分かれています。課題Aでは、特に、「がん」「発生」を主題に研究を公募しました。それぞれに、きわめてユニークな研究が選ばれたと考えています。課題Bでは、上記の主題に関連しつつも、技術を中核として課題を選び、技術の開発にこれまで大きな実績をもつ方々を中心に具体的な課題が選ばれました。

セルイノベーションの成功は、個々の研究課題が大きな成果をあげるとともに、課題間、あるいは課題とシーケンス拠点やデータ解析拠点が連携して成果をあげることによって、もたらされると考えられます。その結果、本プログラムから、どのような新しい細胞生物学が出現するのか、非常に楽しみにしております。先導研究のプログラムオフィサーとして、榊先生や山本先生とも緊密に協力して、そのような連携がスムーズに運び、結果として、個々の研究や本プログラムが大きな成果をあげることができるよう努めてまいりたいと考えております。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


アクロバットリーダー PDF形式のファイルをご覧いただく場合は、「Adobe Acrobat Reader別ウィンドウが開きます」が必要です。
【記号の見方】別ウィンドウが開きますというマークがついているリンクは、リンク先が別ウィンドウで表示されます。