文部科学省 革新的細胞解析研究プログラム(セルイノベーション)
文字サイズ フォントサイズ 小 フォントサイズ 中 フォントサイズ 大 English
プログラムの構成
english

セルイノベーションは、
1)シーケンス拠点2)データ解析拠点3)先導研究、から構成されます。

1)シーケンス拠点

世界的な潮流として、次世代シーケンサーが次々と実用化され、今も急速な発展を遂げています。この革新的な技術開発により、ゲノムDNAの塩基配列だけでなく、遺伝子から写し取られたRNAの総体であるトランスクリプトーム、ゲノムの構造が少し変化することで細胞の性格や機能を決めるエピゲノムなど、多種多様なゲノム関連情報が高速に得られるようになってきました。

そこで、これらの配列情報を大規模かつ体系的に収集することができるよう、複数台の次世代シーケンサーを整備した拠点を構築し、データを産生しています。この拠点では、次世代シーケンサーが生み出す配列情報の正確さを確保するための技術を開発するとともに、得られた配列のゲノム上の位置や推定される機能などを解析しています(1次解析)。

オミックス基盤研究領域(次世代シーケンス拠点)について別ウィンドウが開きます

2)データ解析拠点

シーケンス拠点から産出される多様かつ大量のデータを取り扱うための計算機資源を整備した拠点を構築し、シーケンス拠点が産生した1次解析データの生物学的な意義づけやデータ間の関連づけ(2次解析)を先導研究と共同で行っています。

これらの1次・2次解析データと、先導研究で産出されるその他のデータをデータベース化するとともに、ゲノムネットワークプロジェクトから得られた成果などの既知データを統合して、細胞内の複雑な生命現象を理解するためのプラットフォーム構築を進めています。


3)先導研究

次世代シーケンサーを活用して得られるデータを、細胞機能の解析に結びつける研究を、課題A、課題Bの2つのジャンルで行っています。

課題Aでは、このプログラムでターゲットとする細胞について、シーケンス拠点の次世代シーケンサーで取得される種々のデータに基づき、トランスクリプトームの挙動や遺伝子・染色体の構造変化を解析します。加えて、GFP(緑色蛍光タンパク質)等のバイオマーカーや顕微鏡などを用いて細胞状態を可視化するイメージング技術や、細胞あるいは生命を1つのシステムとして理解しようとするシステムバイオロジーの研究を同時に行い、細胞機能の解明をめざしています。

課題Bでは、従来の技術では取得できなかった細胞の情報を、新たな次世代シーケンサーを利用して取得するための革新的な技術の開発と、それを活用した細胞機能解析研究を行っています。

革新的細胞解析研究プログラム(セルイノベーション)の構成

プログラム構成について
図を拡大する別ウィンドウが開きます

アクロバットリーダー PDF形式のファイルをご覧いただく場合は、「Adobe Acrobat Reader別ウィンドウが開きます」が必要です。
【記号の見方】別ウィンドウが開きますというマークがついているリンクは、リンク先が別ウィンドウで表示されます。