top_fig.png

セルイノベーションとは?

はじめに

ライフサイエンスは、複雑かつ精緻な生命現象のメカニズム解明をめざす科学であり、新たな医薬品の開発、食料生産の増大、新たな産業の創出など、わが国の産業競争力強化の鍵となる重要な研究分野です。
生物のもつすべての遺伝子のセットはゲノムとよばれ、細胞の核にあるD N A の塩基配列というかたちで保持されています。ヒトのゲノムは約 3 0 億の塩基対からなり、2 0 0 3 ( 平成 1 5 ) 年に、そのすべての配列がヒトゲノム計画という国際プロジェクトにより解読されました。
これを受けて文部科学省では、平成 1 6 年度から2 0 年度まで、ゲノムネットワークプロジェクトを実施しました。細胞内では、ゲノムにある遺伝子の塩基配列に基づいてタンパク質がつくられ、他の遺伝子やタンパク質と複雑に相互作用しながら機能しています。このプロジェクトでは、ヒトの遺伝子やタンパク質のネットワークを解明し、得られた成果をデータベースとして整備して、発生、免疫など生命現象の研究、また、がん、糖尿病など病気の治療法の開発に向けた研究に取り組みました。
さらに、平成 2 1 年度より開始された、革新的細胞解析研究プログラム ( セルイノベーション) は、ゲノムネットワークプロジェクトから得られた成果や、機器・設備、人材、データなどを活用しつつ、これまでなしえなかった大規模かつ多面的なゲノム関連情報の解析を、革新的なデータ産出能力をもつ次世代シーケンサーを利用して行うとともに、細胞内のようすを描き出すイメージングなどの手法を駆使して、ゲノムサイエンスの観点から、細胞のしくみ、ひいては、生命のしくみを解読することをめざしています。
このプログラムでは、生命現象の統合的な理解や医学・薬学など医療や産業への貢献のほか、構築する拠点をさまざまな大学や企業の研究者が利用できるような基盤として公開することにより、がん、発生・分化など、幅広い研究分野へ波及効果を与えることが期待されます。

プログラムの必要性と背景

期待される効果

細胞プログラムの解析により、さまざまな疾患について、発症メカニズムの解明と、新たな予防法 、診断法、および治療薬創出等の治療法開発に向けた基礎的知見・技術の提供が可能になります。また、このプログラムで構築したシーケンス拠点などの基盤設備を大学や企業などのライフサイエンス研究者に広く公開することにより、幅広い研究分野への波及効果が期待されます。

プログラムの構成

セルイノベーションプログラムは、1)シーケンス拠点、2)データ解析拠点、3)先導研究から構成されます。

研究推進体制

プログラムの円滑な実施を図るため、プログラムディレクター(PD)およびプログラムオフィサー(PO)を配置します。また、進捗状況の確認や成果の取りまとめや広報などを行う運営委員会、シーケンス拠点における先導研究のデータ取得に関しての調整や外部開放の方針に関する検討を行うシーケンス拠点運営ワーキンググループ(WG)、個人のゲノム情報などの取り扱いに関する検討を行う倫理ワーキンググループ(WG)を設置します。
また、プログラムディレクター(PD)、プログラムオフィサー(PO)および研究実施者と連携し、2つの拠点と先導研究との間の情報の共有化、運営委員会などの実施および研究成果の社会への発信などにより、プログラム全体の円滑な運営を行う事務局を設けます。