top_fig.png

データ解析拠点とは


次世代シーケンサーに対応した解析環境の開発や整備を通して、多様で大量のゲノム情報を活用した研究活動の推進に取り組んでいます。

近年のDNAシーケンサーの技術革新で、従来と比べ短時間で桁違いに大量のデータが取得できる『次世代シーケンサー』が登場し、格段に網羅性が高く詳細なDNA観測ができる時代になりました。

セルイノベーションは、大規模・多面的なゲノム情報等の解析により細胞・生命プログラムを統合的に理解することを目指したプロジェクトで、次世代シーケンサーを活用するための基盤としてシーケンス拠点とデータ解析拠点の2拠点と、次世代シーケンサーを利用し研究する先導研究機関から構成されます。

先導研究機関がシーケンス拠点に次世代シーケンサーを用いた観測を依頼し、データ解析拠点はシーケンス拠点から観測結果を受け取ります。先導研究期間がデータ解析拠点を利用して必要な解析を行いその結果をデータ解析拠点が先導研究機関に提供します。

データ解析拠点では、データ間の関連づけを行ったデータベースの整備や情報解析や統計解析ツールの拡充を通して次世代シーケンサーを活用する研究活動の支援を目指しています。シーケンス拠点と密接に連携して計算機資源を整備すると共に、先導研究が利用可能な各種解析環境を構築します。また、ゲノムネットワークプロジェクトなど公共データの活用や、ターゲットタンパクプロジェクト、DDBJとの連携を行うことで、プロジェクトで蓄積したノウハウの有効活用と情報発信を行います。